サラリーマン必見!10000円以下で泊まれる別府のオススメビジネスホテル5選

別府で温泉も入れて安いビジネスホテルに泊まりたい

そんな疑問にお答えします。

 

 

別府がオススメな理由

大分県に出張に行った際、県庁所在地の大分市に泊まるのもオススメなのですが、圧倒的にお隣の別府市に泊まるのがオススメです。

これを読んでいる方はご存知かと思いますが、別府市は日本でも有数の温泉地で2000以上の温泉があります。

旅行としてもビジネスとしても多くの方が訪れますので、多くのホテルや旅館があり自分で探すのも一苦労な状況です。

 

 

10000円以下のオススメビジネスホテル

亀の井ホテル

f:id:toropicana0402:20200307132019p:plain

JR別府駅より徒歩4分で、別府ICからも約12分と好アクセスで観光にも便利な好立地。

様々な客室と豊かな温泉、お年寄りから子供まで楽しめる充実した施設となっています。

また、サウナもあり朝食も豪華で美味しいのもオススメの一つです。

泉質 単純泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
時間 16:00~1:00 5:00~10:00

 

西鉄リゾートイン別府

f:id:toropicana0402:20200307141916j:plain

亀の井バス北浜バスセンターに直結するホテルで、日帰り入浴も可能。

大浴場には檜風呂があり、大分県特産のカボスと九州産孟宗竹の竹エキスを配合したバスグッズも取り揃えている。

また朝食バイキングも大分名物のとり天など種類が豊富で味も美味しい。

泉質 炭酸水素塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
時間 15:00-15:00 5:00-9:30

 

自家源泉かけ流しの宿 新ほり井

f:id:toropicana0402:20200307144840j:plain

わずか8室で特別な施設等は特にありませんが、ゆっくりのんびりできる宿となっています。

お風呂は2つあり、どちらも家族風呂なので、家族でもお一人でもゆっくり入ることができます。

朝食もこじんまりとしていますが、大分名物のだんご汁も堪能でき日常を忘れてゆっくりすることができます。

ビジネスホテルではありませんが、安く泊まれる宿なので非常にオススメです。

泉質 単純温泉
効能 筋肉痛もしくは関節の慢性的な痛み又はこわばり、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下、軽症高血圧、耐糖能異常、軽い高コレステロール血症、軽いぜんそく又は肺気腫、痔の痛み、ストレスによる諸症状、病後回復期、疲労回復、健康増進
時間 24時間

 

海薫る宿 ホテルニュー松実

f:id:toropicana0402:20200307153505j:plain

別府駅、北浜バスセンターからのアクセスが良く眺めが良いのが特徴。

展望露天風呂と展望大浴場からの景色はまさに絶景で、何度も入浴したくなる温泉となっています。

朝食も別府の海の幸をふんだんに使った美味しい料理が提供されるので、ビジネスマンも旅行に行った気分で楽しめます。

また、地下一階にはフィットネス(ジム)もあり汗も流せるのもオススメの一つです。

泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物質
効能 神経痛、関節痛、消化器症、皮膚病、婦人病、冷え性、健康増進など
時間 7F 大 浴 場 5:00~9:00 15:00~24:00
6F 展望露天風呂 5:00~9:00 16:00~22:00

 

シーサイドホテル 美松 大江亭

f:id:toropicana0402:20200307164216j:plain

別府湾の海が広がる展望露天風呂のある宿で、地元の料理とかけ流し温泉が満喫できます。
温泉だけではなく、お部屋(海側)からも別府湾が見渡せ、ちょっとしたリゾート気分を味わうことができます。

またプランによっては朝食だけではなく夕食も宿で食べることができるので、リーズナブルなお値段で非日常を味わうことができます。

泉質 ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉(加水)・温泉掛け流し
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺等
時間 露天風呂 4:00~0:00
展望大浴場 24時間

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した5つのホテル以外にも良いホテルはたくさんあります。

温泉で疲れを癒して都会の喧騒を忘れてみてはいかがでしょうか。

その他の予約サイトはこちらから

 

 

それでは。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!