【最新版】Kyashカードを徹底解説!メリットやデメリットも紹介

Kyashを使いたい人
Kyashを使いたい人
Kyashがお得って聞いたけどどんなもの?特徴やメリットを知りたい

こんな疑問にお答えします。

 

クレジットカードを使われてる方は多いと思いますが、さらにお得に使えるカードで「Kyash」というものがあります。

今回は誰でもお得に使えるこの「Kyashカード」をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

Kyashとは

年会費無料でどこでも使える、クレカじゃないVisaカードでお支払い。履歴はアプリにすぐ反映、自動で分類されて使いすぎを防…

株式会社Kyashが運営しているプリペイド式のVISAカードです。

 

2017年4月にスマホ用アプリのサービスを開始し、現在シリーズBの米国ベンチャーキャピタルからの増資も合わせて、28億の資金調達を行なっている成長著しい会社です。

 

 

Kyashとは

いろんな特徴が有りますが、主な特徴を3つご紹介いたします。

  • 年会費、手数料無料
  • 審査なしで申し込みができる
  • VISAorMasterカードの紐付けができKyashカードにチャージして使うことが可能

 

Kyashは非常に使い勝手のいいカードです。

 

 

Kayshカードのメリットは?

Kyashカードを使うメリットは下記の3つです。

  1. 紐付けたカードのポイントの他にポイントが還元される
  2. VISA、Masterが使えるお店であれば基本どこでも使える
  3. 個人間送金ができる

下記から解説していきます。

 

Kyashカードの特徴は?

クレジットカードでお買い物をするとそのカードのポイントがつきますが、そこにKyashカードを紐付けるとKyashのポイントが上乗せしてもらえます。

 

つまりクレジットカードのKyashのカードを紐付けて買い物をすると、最大1.5%還元されます。

 

1.5%還元だと大したことないと思うかもしれませんが、普通のクレジットカードだと年会費を払うレベルの還元率です。

ちなみにKyashのカードの種類にはバーチャルカードとリアルカードというものがあり、リアルカードを発行した場合は還元率が1%になります。

バーチャルカードのみの場合は還元率は0.5%になってしまいますので、デメリットがないリアルカードの発行をオススメしてます!!

(リアルカード申し込みの場合は必ず有効化をして下さい)

 

Kayshカードのメリットは?

リアルカードを発行するとプリペイドとはいえクレジットカードと同じように使うことができます。

お得さもそうですが至る所でKyashのカードが使えるので、もはや普通のクレジットカードです。

 

スポンサーリンク

紐付けたカードのポイントの他にポイントが還元される

これはアプリでの送金ページです。

送金機能はLINE PayやPayPayにもありますが、Kyashの送金には請求機能がついています。

複数人に請求のリンクを送ったりQRコードで読み取って送金できる機能が付いているので、すごく便利です。

(相手もKyashを使っている必要あり)

また、送金でもポイントが還元されるので普通に現金を返すよりお得に送金ができます。

 

 

VISA、Masterが使えるお店であれば基本どこでも使える

 

個人間送金ができる

かなりお得なKyashカードですが、毎月に還元されるポイントの上限が決まっています。

Kyash HELP

本人確認アカウント(Kyashマネーアカウント)のお客さま   お持ちのカードの種類 Kyash Card …

Kyash HELP

 

  • 1回あたりの送金限度額・・・10万円(本人確認未認証の場合5千円)
  • 1ヶ月間の送金限度額・・・10万円(本人確認未認証の場合1万円)
  • 1回あたりに送金できる人・・・1人
  • 1回あたりに請求できる人・・・10人

バーチャルカードの場合

  • 24時間あたりの利用限度額・・・3万円(本人確認未認証の場合5千円)
  • 1回あたりの利用限度額・・・3万円(本人確認未認証の場合5千円)
  • 1ヶ月間での利用限度額・・・12万円(本人確認未認証の場合2万円)

リアルカードカードの場合

  • 24時間あたりの利用限度額・・・5万円
  • 1回あたりの利用限度額・・・5万円
  • 1ヶ月間での利用限度額・・・12万円

簡単に書くとこんな感じですが普通に使う人であればそんなに気にならないかもしれません。

 

Kayshカードのデメリットは?

VISA、Masterが使えるとこであればほとんど使えますが一部還元対象外の決済があります。

調べてみたら結構あったので一部記載しておきます

  • Visaカードを登録したQUICPayの支払い
  • 交通機関への支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券等)
  • 税金のお支払い
  • 公共料金のお支払い
  • 寄付金のお支払い

まあ普通の買い物や飲食代では普通に還元されるのでこれもそんなに気にならないかと思います。

 

 

利用限度がある

まずはスマホでKyashアプリのインストールが必要です。

 

別の記事で詳しくご紹介しています。

関連記事

[word_balloon id="unset" position="L" size="M" balloon="talk" name_position="under_avatar" name="世間の声" radius="true" ava[…]

新しい「Kyash Card」の申し込みが可能に!カードの紹介と手順を解説

 

 

還元対象外がある

いかがでしたでしょうか。

 

個人的にはQUIC Payをよく使うので、このKyashカードを紐づけて使っています。

 

 

それでは。

こちらもオススメ
最新情報をチェックしよう!