福岡では珍しい絶品平打ち麺の「うどん大文字」に行ってきた!

みなさんこんにちは、KENです。

 

今回は福岡県筑紫野市にある「うどん大文字」をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

福岡では珍しい絶品平打ち麺の「うどん大文字」

今回は筑紫野市にあるうどん「大文字」に行ってきました。

 

元々は大野城にも店を構えていますが、筑紫野店は2020年4月にオープンしたばかりで、外観も店内も新しさを感じます。

 

店内はカウンターやテーブル席、座敷席があり、清潔に保たれておりました。

 

 

「うどん大文字」のメニューや値段は?

気になるメニューや値段ですが、写真にてご紹介します。

 

かけうどん350円という安さで、一番人気の「肉ごぼ天うどん」も670円という福岡市内のお店よりもお安い値段で食べることができます。

 

また、うどんだけではなくカツ丼も大変な人気メニューのようで、周りのお客も皆さん注文されていました。

 

ここは一番人気の「肉ごぼ天うどん」と「カツ丼」で決まりでしょ!
KEN
KEN

ということで人気のメニューと気になったトッピングのあげもちを注文することにしました。

 

 

「うどん大文字」の肉ごぼ天うどん(670円税別)

ごぼ天が別皿でくる形となりましたが、それぞれのメニューが輝きを放っています。

 

単体で見ると肉うどんですが、これだけでももちろんおいしかったです。

 

ごぼ天は資さんうどんのゴボウを短くしたような形ですが、天ぷらもサクサクで、ゴボウの風味がしっかりしていて、単体で食べてもとてもおいしかったです。

 

あげもちはもち2つと海苔を天ぷらにしたものでした。

外はカリッと中はトロッとしたお餅で単体でも美味しいのですが、うどんの出汁に浸して食べるとこれがめちゃくちゃ合うんです。

 

天ぷら類もクオリティの高さが伺えました。

 

そしてタイトルでご紹介している通り、福岡では珍しく「平打ち麺」を使っています。

 

福岡県産小麦100%を使用した手仕込み自家製麺で当日の朝に作られているそうです。

 

麺に関しては、もちもちというよりはツルツルで舌触りがよくとても食べやすかったです。

個人的にはもちもちの方が好きですが、この麺も美味しくてGOODです。

 

肉は北九州よりも甘めの肉で、味がしっかりついていました。

お肉の中にはゴロゴロしたお肉もあり、食べ応えが抜群でした。

 

最終的には、「肉ごぼ天うどん」+「あげもち」で820円(税別)という妥当なお値段になりましたが美味しくて非常に満足でした。

ただ、量が少し多いと感じるかもしれませんので、是非お腹を最大限に空かせて行くことをオススメします。

 

ちなみに私の奥さんが食べたのは、「肉うどん」+「月見」で650円(税別)。

 

こちらも麺に月見が絡んで絶品とのことでした。

 

 

「うどん大文字」のカツ丼(690円税別)

名物メニューのカツ丼も注文しましたが、お吸い物とセットで運ばれてきました。

 

何やら厳かな器ですが、蓋を開けると

カツ丼という名の宝石箱が現れました。(彦摩呂風)

 

カツもサクサクで、卵もトロトロ、ご飯にまでしっかり出汁が染み渡っており、本当に絶品でした。

 

単体で食べる分は量はちょうどいいと思いますが、うどんとセットで食べると非常に多いと感じると思いますので、うどん同様お腹を空かせていく、もしくはシェアして食べることをオススメします。

 

 

「うどん大文字」の基本情報

住所 〒818-0054 福岡県筑紫野市杉塚2丁目14−22

営業時間 10:00~21:00
席数 42席(カウンター6席 テーブル26席 座敷10席)
電話番号 092-555-9900

予約は行っておらず、お会計も現金のみです。

 

 

その他

また、現在はLINE友達キャンペーンを実施中のようで、LINEで友達になるとおはぎが1つもらえるようですよ。(10月30日まで)

 

また、赤ちゃん連れには嬉しい赤ちゃん用の食器セットと麺カッターも用意されています。

 

大野城にも出しているお店なので、気になる方は是非一度足を運んでみてください。

 

また、福岡のうどん情報はこちらにも詳しく載っていますよ。

 

 

それでは。

こちらもオススメ
最新情報をチェックしよう!