【まとめ】自宅で快適に過ごすことができる5つのサービス

みなさんこんにちは、KENです。

 

政府の緊急事態宣言を受け、外出をする人は激減し、消費活動にも大きな変化が起きています。

以前より外出も減り、逆に家で過ごすことが多くなってきている現状です。

緊急事態宣言が解除されましたが、今後も遊び方や働き方が必ず変化していきます。

 

今回は、自宅で楽しめる物やサービスを5つご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

自宅が快適になるサービス5つ

今自宅で楽しめるものは下記の5つです。

  1. VOD
  2. Wi-fi(インターネット)
  3. 家具家電
  4. オンランコンテンツ
  5. TVゲーム

VOD(ビデオオンデマンド)

家での過ごす時間が増えた今、映画やドラマなどの映像コンテンツはほとんどの方が利用しています。

「巣ごもり需要」の筆頭として頭に浮かぶ人も多いと思います。

VOD(ビデオオンデマンド)のサービスは1つだけではなく複数のサービスに入られる方も多いようです。

おすすめVOD

Amazonプライムビデオ

U-NEXT

TSUTAYA TV

 

Wi-Fi(インターネット)

娯楽だけではなく、仕事にも必須な存在のWi-Fi。

インターネット利用が急増しており、ただでさえ需要が増えていますが、回線が混雑して速度に問題が生じているという声も非常に多く聞こえてきます。

より快適なWi-Fiを求めているユーザーも増えていいます。

おすすめWi-Fi

縛りなしWIFI

NURO光

 

家具家電

在宅ワークが増えてくると、自宅で快適な仕事空間を作る人も増えてきています。

私自身も長時間座っても腰が痛くならないように、ゲーミングチェアを購入しました。

また、外食が減ったため家でご飯を食べる方が急増し、自宅でできる少し凝った料理を作る方も増えてきています。

おすすめ家電家具

 

オンラインコンテンツ

家にいて運動する時間が極端に少なくなったため、太ることへの危機感が高まっています。

各SNSでもアスリートやインフルエンサーが自宅エクササイズを紹介したりと、健康的な生活を送るための工夫を多くの人が行っている印象です。

また余暇を勉強に充てて自分磨きに励もうとする人も多くなっています。

資格取得に向けた勉強や、オンライン英会話などが人気です。

おすすめオンラインコンテンツ

スタデイサプリENGLISH

FiNCダイエット家庭教師

 

TVゲーム

家で過ごす時間が圧倒的に増えたため、子供がいる家庭は子供と一緒にゲームをする時間が増えました。

ゲームの中の二次元の世界でストレス発散をする方が多くなっています。

 

 

まとめ

全体的には「在宅」「オンライン」で完結できるものが増えたと言えます。

今回を機に、騒動が落ち着ちつきつつある今後の働き方も以前と変わっていくでしょうし、今伸びているジャンルの需要も続くと考えられます。

また今は飲食業や観光業などは落ち込んでいますが、必ず新たなサービスが出てくるはずなので、世間のの声をしっかりキャッチしておきたいところですね。

 

 

それでは。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!