【まとめ】北九州市の緊急経済支援策について

みなさんこんにちは、KENです。

 

先日、福岡市の緊急経済支援策についてまとめました。

関連記事

みなさんこんにちは、KENです。   [sitecard subtitle=関連記事 url=https://kenlog.work/2020/04/03/fukuoka_corona target=blank] […]

 

同様に、北九州市も4/16(木)に緊急経済支援策を実施すると発表がありました。

本記事では、北九州市の緊急経済支援策についてまとめております。

福岡県のコロナの最新情報はこちらから

関連記事

みなさんこんにちは、KENです。   先日投稿した記事 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://kenlog.work/2020/04/03/fukuoka_corona targ[…]

 

 

スポンサーリンク

1.店舗への家賃支援

ビルオーナーに対し、賃料の減額や免除を要請するとともに、休業した中小企業・小規模事業者等の店舗の賃料を支援。

対象施設数 補助率 補助上限額
約1万施設 5分の4 40万円

 

 

2.宿泊事業者への支援

宿泊モニターキャンペーンの実施

割引販売を条件に市が部屋を買い上げ、宿泊モニターに格安で販売するキャンペーンを実施。

市内宿泊事業者の早期業績回復を目的として支援を実施。

買上(販売)数 販売価格
6万人泊 1人泊あたり1,000円から3,000円

少しわかりにくいですが、6000-7000円の部屋を市が一旦買い、コロナ終息後1人1000-3000円で泊まれる宿泊モニターを実施するということです。

 

宿泊施設を活用したテレワーク支援【既に一部発表済】

家庭で仕事ができない方へWi-Fi環境の整った市内宿泊施設を、テレワークの場として提供することにより、テレワークの推進を図る。

また、宿泊者の減少により経営が厳しい宿泊事業者を支援。

助成数 補助率 補助上限額 開始時期
1万5千人泊 2分の1 1人1日利用あたり3,000円 4月16日

 

 

3.飲食店への支援

スポンサーリンク

クラウドファンディングによる飲食店等の支援【既に一部発表済】

クラウドファンディングを活用して、市民が先払いで飲食店・サービス業等を応援するサイトを新設し、飲食店等を支援します。(4月30日開始予定)

 

大手小売店等とタイアップしたデリバリーサービスの支援【既に一部発表済】

大手小売店等とタイアップしてデリバリーサービスを構築し、地元飲食店が登録できるようにすることで応援する仕組みづくりを行い、飲食店等を支援します。

 

我がまち思いやりデリバリー事業

地域でデリバリーサービスを提供する団体を支援することで、地域における自主的な取組を促し、飲食店の売上げ向上や住民の利便性向上を図ります。(開始時期:5月上旬予定)

補助対象者 補助率 補助上限額
地域でデリバリーサービスを提供する団体 10分の10 150万円(50万円×3か月)

Uberなどの団体に支援するかどうかは不明ですが、北九州市全体でデリバリーを促進していく予定です。

 

 

開始時期

現在は未定です。

 

 

今後の予定や詳しい手続き方法

市の臨時議会で可決され次第別途開始時期がアナウンスされます。

また、手続き方法に関しても詳しくは決まっていませんが、電話やメールでの相談窓口も設置されています。

 

 

問い合わせ先

北九州市のHPにそれぞれの問い合わせ先が載っています。

 

また、宿泊モニターキャンペーンやテレワーク推進プランなどは下記から確認できます。

https://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000880213.pdf

福岡市と違い、医療従事者に対しての支援はありませんが、宿泊やテレワーク支援に対して力を入れているようです。

 

気休め程度ですが、下記グッズは近隣ショップにないのでネットからの購入もおすすめです。

 

 

それでは。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!